スタンフォードの自分を変える教室

「スタンフォードの自分を変える教室」好き度:中  入手法:買った 成功するか否かは意志力次第? 最近よく感じることは、仕事も英会話も勉強もそれ以外の趣味も 「よくできる人」というのは、結局「高いモチベーションを維持できる人」という これに尽きるような気がしている。 仕事でよりできるようになりたい。英会話の勉強を続けて英語を話せるようになりたい。 最初はこんな目標をもって挑みますが、いつの間にか 時間がないとか(忙しいとか)、お金がないとか言って(理由を見つけて)やめてしまう。 でもよく考えると、本当の理由は、続ける「意志力がなくなった」(簡単にいえば飽きた、諦め) ただけこと。1人の自分は「英語を勉強しないと評価されない!すぐにやらないと!」と思っていても、 もう1人の自分は「別にいまは忙しいし眠い。まず寝て明日しっかりやればいいじゃなかい?」 と理由を見つけて、結局やらないのは、誰のせいなのか? 上司、会社、政治、そんなのは全く関係ない。それは単に自分自身の問題だ。 つまり、モチベーションの維持こそが、すべてに関するもっとも重要な課題。 本書は、そんな「意志力」を高めたりコントロールする方法を学び、 自分自身に負けないようにするための方法が書かれている! 本能(脳)と、それをコントロールする脳 モチベーションを維持できなくなるのは、 自分自身=つまり脳が影響していることが分かりました。 脳にも歴史があり、最初は本能しかなかった。でも、その後 何百万年もけかて脳は進化してきて、今では前頭全皮質は大きくなり発達。これが この部分がいわば意志力をつかさどっているらしいのです。 例えば、ベットでごろごろ寝ている方が楽なのに、起き上って勉強を始めようとします。 このとき、寝たい←本能、勉強のために起きなきゃ←前頭全皮質というわけです。 なので、本能>前頭全皮質のとき、寝よう!     本能<前頭全皮質 なら、起きなきゃ! となるわけです。 高いモチベーションを維持するには、この2つの脳=2人の自分のバランスを 維持することなんだと分かります。そして、どうしたらこの二人の自分を うまくコントロールすべきかが本書に書かれてるのです。 割引現在価値 経済学では、割引現在価値という考え方があります。 これは現在の1万円の方が、将来の1万円よりも価値が高いという考え方です。…