2.2 MBAランキングの活用法 - 順位ではなく、動向に注目する!

2.2 MBAランキングの活用法 - 順位ではなく、動向に注目する!

 

ここまでMBAランキングの中身について紹介した。きっとここまで見て頂いた方は、既に自分のお気に入りのMBAランキングを見付けていることだろう。さて、ここからが本題である。そのランキングの戦略的な活用の仕方である。えっ、ランキングの使い方って、単純に「各大学のランキング順位の高いか低いを知ることでしょ」と思われるかもしれない。もちろん、その通りなのだが、本書のテーマは「いかに効率的に合格を獲得するかで」ある。その観点からすれば、ランキングの使い道は他にもある。それは「お得に行けそうな大学」をどうやって探すかということである。

 

まずは「お得」または「コスパが高い」という考え方を2つに分けて整理しておきたい。1つ目は、現時点でのランキングよりも、将来のランキングの方が高くなる(なりそうな)大学に入学できた場合である。日本の大学と同じで一般的にランキングが高いほど、入学も難しくなる。そのため、例えば世界ランキング56位に入学し、その翌年49位と7位もランキングを上げた場合、外部からの評価が49位に上昇した一方で、入学当時の入学難易度は56位相当であったと考えられる。なんとなく「お得」感を感じて頂けただろうか。ちなみにこれは実際に私が入学したマッコーリ大学で、2016年から2017年にかけて起きた事実である。2つ目は、同じ程度のランキング順位でも、より合格がしやすい大学に入学できた場合である。これは簡単で、同程度の外部評価が得られているにも関わらず、受験勉強量などの「費用」を低減できる可能性が高い方がお得感が高いという意味である。アメリカの大学よりも、最近ランキングが急上昇しているアジアの大学やオーストラリアの大学の方が、このどちらか、または両方に該当する大学を探しやすいだろう。ちなみに、その中でも特に筆者がおすすめなのがオーストラリアの大学である。以降は、この2点についてもう少し具体的にみていく。

 

現時点ではランキングが低いが、将来高くなる(なりそうな)大学

ある時点でのランキングを見るだけでは実は不十分である。先ほど述べた通り、私が入学したマッコーリ大学は、2016年の入学時点ではFTの世界ランキング56位だったが、1年後の2017年には49位になり、7位もランキングを上げた。MBAはビジネススクールだけあって、世界中のMBAが熾烈なビジネス競争をしている。それゆえ、ランキング順位は年ごとに結構変わるということをまずは認識する必要がある。2017年で30位でも1年後に40位に落ちることもあれば、逆に40位だったにも関わらず30位に上がる可能性もある。日本の大学入試と同じで、一般にランキングが高い大学ほど、入学も難しくなる。そこで、現時点では多少低めのランキングでも、将来上がりそうな大学に(も)着目する。これは費用対効果をあげるという話だけに留まらず、意外と多くの受験生が見落としがちな視点だと思われる。卒業校が今よりも更に有名になってくれれば、それだけ卒業生としては転職やキャリアアップの際に活用しやすい。では、どうやってそんな大学を探すのか?株の予想と同じで簡単ではないが、結局おすすめで簡単にできるのが「過去数年分の動向(傾向)を調べること」である。

 

オーストラリアのMBAランキング順位動向 2010-2018年(FT)(筆者作成)

 

オーストラリアのMBAランキング順位動向 2010-2017年(Economist)(筆者作成)

 

上図はオーストラリアMBAの世界ランキング順位の動向を調査した結果である。

まずは上側の図に示すFinancial Times(FT)のランキング順位について分析する。トップ100入りしているのが、AGSM at UNSW Business School(緑)、 Melbourne Business School(青)、MGSM(黄)の3校である。3校とも2015年以前は緩やかな下降(順位が下がる)傾向を示していたが、その後反転しここ数年間は上昇傾向を示している。大きな特徴と言えるのが、私が入学したMGSMである。2010年に100位で登場後、一度も100位圏内に姿を現していなかったが、2015年以降急に姿を現し、2015年、2016年、そして2017年時点では49位とオーストラリアではNo.1を3年連続で獲得した。そして私が卒業する2018年まさかのランキング圏内から消滅という事態に遭遇した。そのため2018年時点でFTにランクインしているオーストラリアのMBAは2校のみとなった。

次にEconomistのランキングを分析する。途中からCurtin Graduate School of Business(濃い緑)は姿を消すので、注目はThe University of Queensland Business School(橙)、Melbourne Business School(青)とMGSM(黄)の3校である。なお、FTに登場したAGSMがランキングされず、代わりにFTにランキングされていないThe University of Queensland Business Schoolがランクインしていることに注意が必要である。特に注目は、そのThe University of Queensland Business Schoolである。2010年時点でランク81位だったのが、2016年時点で何と10位まで躍進、2017年も多少順位を落としたが16位という高順位を維持している。なお世界ランキング10位ということは、同ランキング(2016年)で11位のアメリカColumbia Business School、12位University of Pennsylvania – Wharton School、13位のINSEAD、14位UCLA – UCLA Anderson School of Managementよりも上であることを意味する。さらに、Melbourne Business Schoolは安定して30位前後を維持している。またMGSMは2010年の64位から2015年には28位まで飛躍し驚かせたが、2017年には49位に後退した。Economistに登場する3校は、世界的にも非常に高い位置にいることが分かる。

このように、ある年のランキングだけを観察するのではなく、数年間に渡る動向に着目すると、将来の順位動向を探る大きな手掛かりになるのではないだろうか。これらの情報が、あなたが目指すMBAを決める上では有益な情報の一になることを願いたい。(なお、上図ランキング順位は、同一順位の大学が複数ある場合を考慮しておらず、一部公式値と異なることを予めご了承願いたい)

 

さらに、FTのランキングについて、2010年から2018年までの全大学(オーストラリアだけでなく100位に入る全ての大学)の動向が分かるページを開設しています。是非参考までに活用してください。

=> FT: Financial Times Global MBA Ranking 2010-2018

同じ程度のランキングで、合格がしやすい大学

日本に知名度などによる外部評価が全く同じ東大1と東大2があり、1は超難関、2は難関だったら、多くの人が2を選ぶのではないだろうか。でも、その後2の方に受験生が殺到すれば、結局2も合格は難しくなり、東大1と東大2は同じ難易度に(理論的には)落ち着くはずである。しかし、実際にはほぼ同じMBAランキング順位の大学でも、合格の難易度は違うケースは多い。理由は簡単で、先ほどから述べてきたように、MBAランキングは受験の難易度(日本大学等で使われているの偏差値のような指標)だけで決まっているわけではないからである。例えば、US Newsのように、ランキングを決める評価基準に平均GMATとGRE、平均GPAなど入学時の採点項目を入れているランキングもあれば、FTのようにそうでないランキングもある。さて、MBAランキングで志望大学を絞りつつ、同時に入学の難易度で大学を選別し、「ランキングは高い、かつ合格できそうな大学」を選別していくこにはどうしたら良いのか。実はアメリカMBAの場合、そうした情報を分かりやすく整理してくれているサイトがいくつかある。しかし、オーストラリア版はないかと探してみたのだが、私の限り分かりやすくまとまっているサイトは見つけられなかった。そこで、無いなら、自分で作ってみよう!ということで、私なりにオーストラリアの大学の難易度(GPA、TOEFL、IELTS、GMAT)と世界ランキングとの関係を表にまとめたのが下表である。オーストリアの主要な10校について調べたもので、調査は2018年3月時点のものである。情報はよく更新されることがあるので、この表はあくまでも参考程度に活用頂きたい。

オーストラリアの主要10校のMBA入学条件(GPA、IELTS, TOEFL, GMATなど)

 MBA School
GPATOEFL (Min)IELTS (Min)GMAT (Min)GMAT (Average)
1Melbourne Business School?1027.0必要(点数は?)705
2AGSM at UNSW Business SchoolNo specific947.0550655
3UQ Business School, University of Queensland4.5 over 7876.5550550 (QS)
4MGSM, Macquarie University5.0 over 71007.0--
5Griffith Business School, Griffith University4.5 over 7796.5-
(550)
-
6Queensland University of Technology4.5 over 7906.5550?
7Adelaide Business School, University of Adelaide-947.0-
(550)
-
8University of South Australia Business School-796.5--
9Bond Business School-796.5--
10Sydney Business School, University of Wollongong-886.5--

なお、- となっている項目は、それに該当する内容や基準が発見できなかったものである。そのため基準がないとは言い切れない。詳細はやはり入学申し込み時に詳細を問い合わせで確認する必要がある。またここに記載したのは基本的なケースであり、例えば、大学院を卒業していた場合はそれを実務経験にカウントできたり、GPAが条件を下回っていてもGMATがある点数以上あればOKなど、細かい条件は記載していない。最新情報の確認のためにも必ずご自身でのチェックをお願いしたい。

 

次のページ「2.3 MBAの国際認定をチェックする -EQUIS、AACSB、AMBAとは?」