2 MBAの効果とは?

2 MBAの効果とは?

 

次に、費用対効果の効果についてみていきたい。MBA取得で得られる便益が「効果」になるわけだが、簡単に数値化できるものではない。例えば、ある人にとっては「上がった年収の率」かもしれない。またある人にとっては、「新しい就職先の見つけられること」、「同じ志を持った友人を得ること」またある人はMBAという「ステータス」かもしれない。多くの人が指摘するように、MBAに求めるものは、「より高い年収」、そして「より広範な人的ネットワーク」であろうが、それだけでもないと感じる。また極端な話、同じMBAに通ったとしても、本人がどれだけその内容を深められたのか、また周りのメンバーによってもあなたが得られる便益は変わってくる。そもそもMBAは大学院の1つのコースであるものの、授業の形式とその目的が一般的な大学院とはかなり異なり(外から見ると)何を学べるのか自体を把握しにくい学問である。表にMBAと一般的な大学院との違いを簡単にまとめてみた。様々なハードスキル(知識や論理体系)は、あくまでも意思決定を行う土台であり、MBAの目的はそれらの知識を活用して実際の企業内で意思決定を行う「訓練」により近い。そのため、知識そのものよりも、その訓練を行う場の雰囲気(環境)、周りのメンバーの質や多様性、プロセスの進め方などの方がより重要な要素となる。これは、ウェブサイトを眺めているだけではなかか分からない内容だ。

MBAと一般的な大学院の違い(筆者作成)

MBAの目的 一般的な大学院
目的 意思決定を行う訓練 専門分野の高度な知識の習得
講義形式 ケーススタディー、チームワーク、討論 レクチャー形式
教授と生徒、生徒間の関係 相互的(教授は講義をうまく導く、生徒も授業に貢献する) 一方的(教授が生徒に教える)

 

つまりMBAの効果を計測することは、費用以上に極めて困難なことである。しかし、そんな中とても役立つ指標が存在する。MBAで得られる効果を客観的な数値で表したもっとも信頼できる指標の1つ、それが「MBAランキング」と考えられる。つまり、「効果」≒「ランキングの順位」と考えれば大まかに評価できる。なぜそのように考えられるのかは、事項の「ランキングの基本」で説明したいと思うが、ランキングの高い評価のMBAに入ることができれば、それだけ多くの人から評価されているわけだから、自分が得られるだろう便益も高くなる「可能性」は高いだろうということである。さて、ここからが本番である。じっくりそれを裏付ける根拠や証拠を明らかにしていきたい。

 

次のページ「2.1 MBAランキングの基本 – 絶対知るべき世界のMBAランキングの中身とは?」