オーストラリアMBAが今絶対おすすめの理由! -はじめに

はじめに

 

私は、日本の大手ゼネコンに入社し、6年目に念願の社費MBA留学の権利を獲得できた極めて運の良い人間だ。2016年秋、オーストラリアのシドニー近郊にあるマッコーリー経営大学院(通称MGSM)の2年間コースに入学、現在社会人留学生を満喫している(2018年卒業予定)。ただ実のところ当初は、留学先としてオーストラリアという選択肢は頭の片隅にもなかった。MBAといえばアメリカと考え、実際にアメリカの複数の大学から合格も得ていた。しかしその後進路をオーストラリアに変更。今振り返えれば、「オーストラリアMBAへの決断」は、人生で最良のものであったと心の底からから断言できる。

確かにオーストラリアには、ハーバード大学もスタンフォード大学もない。それらの大学に行きたいのなら、アメリカに行くしかない。しかし現在、日本からMBA留学に行く多くに人にとって、知名度よりも「コストパフォーマンス(費用対効果)の高いMBA留学」を求めているのではないだろうか。そしてコスパにおいて、アメリカMBAを凌駕するのがオーストラリアMBAなのである。

 

昔は、有名会社に勤めている、あるいは高度経済成長期の日本のようにJAPAN AS NUMBER ONEの頃であれば、肩書きで断然容易に超有名大学に入学できた。しかし、今は状況が180度異なる。世界に知られている日本企業が一体何社あるだろうか。また日本型経営がMBA授業に見本として登場した時代はとっくに終わり(事実、MBAの授業で度々登場したのはTOYOTAではなく、Tesra。楽天ではなくAribabaであり、むしろ日本企業は不成功の事例として多数登場する。)日本人であるというアドバンテージは今や皆無である。つまり、受験においては英語圏の人々との真っ向勝負が求められる。同時にこれは、日本人にとって受験勉強に必要なお金と時間を、以前よりも大幅に増加せざるを得ない状況を意味している。しかし、残念ながら未だに多くの日本企業は依然としてMBAの存在を知らない、あるいはMBAの価値は適正に評価しているとは言い難い状況である。事実社費留学の場合、 普段の仕事をしながら1年、場合によっては数ヶ月程度の準備期間しか設けられていない。さらに私費留学の場合では、会社に隠れて勉強をしなければならず、より一層苦労する場合もある。何倍もの時間が必要になってきているのだ。このような状況下で、より高いレベルのMBAを取得する。そのためにはひたすらTOEFLやGMATの勉強をすることも大切であるが、一歩立ち止まって、コスパの良いMBA留学を見い出すのも1つの戦略ではないだろうか。

 

結論を先に言えば、オーストラリアMBAがオススメの理由はコスパの良さである。コスパを良くするには、費用(金銭的な費用に加え時間も含まれる)減らすか、効果を高める二通りがある。ここでは少々効果の話を、私がオーストラリアMBAに行くことになった経緯とともに紹介したい。社内選考を無事通過した私が当初考えていた留学地はもちろんアメリカだ。なぜなら、会社内の MBAホルダーの大半はアメリカ卒業組みばかり。もちろん私の会社に限らず、今でも世間的にはMBAといえばアメリカというイメージが一般的だろう。私もまさにそう考えていた一人であり、渡米経験が皆無であるにも関わらずアメリカを憧れ、その中でもカルフォルニアなど西海岸に立地する大学を複数候補に挙げて受験勉強に取り組んだ。結果、数校合格を獲得。また同時に滑り止め程度に考え出願していたオーストラリアの大学からも合格を得た。そして、私は本命であったアメリカの大学ではなく、 オーストラリアの大学に行くことを決断した。社内的にもアメリカ行きが当然という状況で、オーストラリアに行く理由を考える必要があった。その時に恥ずかしながら初めて知ったのが「世界のMBAランキング(この時はFinancial Times)」であった。そこには、私が受験したオーストラリアの大学の方が、アメリカのそれよりも断然上位である事実が示されていた。ちなみに上位100位以内には、アメリカはもちろんヨーロッパ、アジアからも中国、インド、オーストラリア、シンガポール、韓国の大学が名を連ねていた(2016年時点)。

 

MBAの効果(パフォーマンス)をどう評価するかは、千差万別であると思う。しかしMBAは自動車免許や英検のような資格ではない以上、定量的な評価を下しているランキングは効果を計る上で優良な手法であろう。そういう観点でランキングを見てみると、41校しかないオーストラリアの大学のうち3校が世界ランクで50位以内に入っている。実際には10位、34位、46位(Economist, 2016年時)に位置しており、 世界トップクラスの大学と肩を並べているのである。さらに正直に言おう。私がオーストラリアのMBA合格までに費やした費用あるいは労力は、アメリカのそれと比べ、1/2から1/3程度であった。費用が少なく、効果も高い。つまりコスパが極めて高いのだ。それこそが、オーストラリアMBAが超おすすめ理由である。

 

本ブログでは、コスパの良いMBA留学をキーワードにしながら、私がアメリカとオーストラリア双方の大学に受験した経験や、オーストラリアMBA通じて得た実経験、現地の留学斡旋会社(エージェント)にインターンとして潜入し独自に入手した情報などを余すことなく紹介したい。また、オーストラリアMBAの入学準備や実態を記した書籍やインターネット上の情報が少ないことを踏まえ、社費・私費を問わずオーストラリアMBAに少しでも興味がある、検討するかもしれない方々にとって 、オーストラリアにMBA の受験準備書としても活用できるものとしたい。それでは早速、オーストラリア留学をお勧めする理由を皆さんとともに解明していきたい。

 

 

平成30年1月 マッコーリー大学MBA    湯淺知英