3.3 オーストラリアMBA受験前に押さえておきたい5つの重要ポイント

3.3 オーストラリアMBA受験前に押さえておきたい5つの重要ポイント -アメリカMBAとの比較 もうオーストラリアのMBAに決めた?あなた。ここでは私がアメリカMBAからオーストラリアMBAに受験先を変更した際に感じた「受験前に知っておくべきポイント」を5つ挙げたいと思う。というのも、アメリカMBAの情報(専門学校、サイト、ブログ、受験者同士の情報交流等も含め)は比較的豊富で入手しやすかったが、オーストラリアMBAとなると途端情報量が少なくなり、特に私のように急遽アメリカからオーストラリアMBAに変更した人にとっては、受験プロセスの違いに戸惑うことも多いと思う。では早速、オーストラリアMBAのポイントをいくつか紹介していきたいと思う。 ポイント1: 「留学エージェント」を通して出願する! まずアメリカMBAの場合、出願する際には大学のMBAのWebページにいってAdminissionやApplicationのページで自分のアカウントを作ることから始まる。そのポータルに、必要書類(申し込み用紙、エッセイ、成績表、CVなどなど)を随時アップロードしていく。通常1ラウンド、2ラウンド、3ラウンドなどと複数回の締め切りが設けられているので、その締め切り日までに全ての書類を提出完了すればそのラウンドでの登録は完了である。すると大学側から申し込み書類の確認作業をしています、などというメールが送られて来て、その後「面接に進みますので・・・・してください」、というようなメールが来たらほぼ合格という感じだ。不合格の場合は、面接の前に「残念ながら今回は・・・・」という感じのメールが届く。重要なことは、アメリカMBAでは、これら一連のエントリー作業を出願する大学ごとに「自分で」行うことが普通だ。もちろん、出願書類の内容の推敲や添削などはアゴスなどの予備校が行なっているMBA出願サービスを利用することが多いと思うが、最終的な提出自体は自分で行うことが基本のように思われる。私は、オーストラリアでも全く同じだと思っていた。しかし、実はオーストラリアでは自分でエントリーするのはではなく、留学エージェントを通して行うのが一般的である。留学エージェントの活用については、後のページで詳しく述べたいと思うが、とにかく自分で提出する前に、必ずどこから留学エージェントを探すことから始まるのだ。私の場合は、第一志望として「MGSM, Macquarie University」、第二志望として「Bond Business School」を受験して、その後どちらからも合格を頂いたが、両方とも留学エージェント経由で申し込んだ。そのため必要書類は一旦全て留学エージェントに送って、合否結果もエージェントから連絡をもらった。留学エージェントを活用するということをまずは覚えておいて欲しいと思う。   ポイント2:TOEFL / IELTS / GMATなどのスコアは必達点! これも私は最初全然知らずにかなり驚いた。アメリカMBAの場合、出願に必要なTOEFLやIELSの最低点数が明示されていることが多い。しかしながら、私のようにTOEFLの点数が不足している人でも、「エントリー自体はできる!」場合があるのがアメリカである。私の場合、アメリカMBAではTOEFL最低点数を下回っていたが出願し、合格までいったものもある。これが可能なのは、エッセイ、推薦状、学歴や職歴、大学自体の成績など、TOEFL以外の選考基準を加味してくれる場合があるからである。そのため大学が求めている最低スコアよりも(若干)低い場合でも、出願できるし合格できるチェンスがあるということである。GMATの場合には特に最低基準を設けていないところも多いので、合格者の平均点よりも悪くても合格できる可能性は十分に残されている。そして私は、オーストラリアの場合も同じだと思っていた。しかし、オーストラリアの場合、極端な話、1点でも下回っていれば出願に進むことができないことを知ったのである。問答無用で出願不可能!という感じになる。私も1-2点くらい大丈夫だろうと考えていたのだが、痛い目にあったのである。再度掲載しておくが、下の表で示している入学条件のスコアは、全て「必達点」である! ただし、TOEFL / IELTS などの点数が不足の場合には、大学指定の語学学校などで一定以上の成績で合格することを条件として入学させるいわゆる「パスウェイ」というのも存在する。これについては、後ほど詳しく説明したい。   ポイント3:「オーストラリアの大学はIELTS」は嘘! 英語に関してもう一点は、「オーストラリア=IELTS」と思っている人は、留学生でも意外と多い。しかし、実はそんなことはない!英語力の判定で使われるもので日本人に有名なものに、TOEFL(念のため確認だが、TOEICではない)とIELTSがあり、基本的には、TOEFLはアメリカ大学向け、IELTSはイギリスやオーストラリア大学向けである、と教わるはずである。私も完全にそう考えており、恥ずかしながら、そんな基本すら知らずに途中からIELTSに切り替えて勉強したこともあるし、実は一度受験もした。しかしオーストラリアの大学も、アメリカMBAと同じようにほとんど全てでIELTSだけではなくTOEFLも認められており、つまり、どちらのテストも受け入れられるのである。結論は、オーストラリアならIELTSと決めつけず、どちらが自分にとって点数が取れそうか比較してから勉強をはじめるべきである。   ポイント4:「マネージャーとしての」実務経験年数が必要! 次に取り上げたいのが、必要な実務経験年数である。アメリカMBAの場合、単に必要な実務経験年数が要求される場合が多いが(その場合は、単に履歴書等で何年働いていたと記載すればいい)、オーストラリアの場合は、「実務経験年数」の前に「リーダーとして」「マネージャーとして」という言葉が追加されていることが多い。例えば、単純に新入社員から3年働いた場合には、マネージャーとして働いたわけではないので、「マネージャーとしての経験年数」は3年とはカウントされず0年となる場合もあるということだ。私の場合も、約6年会社で働いていたが、そのうち、3年間マネージャーとして働いたとして申請した。リーダーとして、マネージャーとして、と言われても、何をもってそう言えるのか難しいところだが、簡単に言えば課長など「管理職として」という意味になるようである。正直日本の職場では、入社してすぐに管理職の立場で働くことは難しいが(外資系でもない限りほぼ不可能な気もするが)、業務の内容等を説明する中で管理職「的」な仕事に従事していたと示せれば問題ない。ただし、本当に2年しか勤めていなかった場合、必要実務経験が3年と書かれていた場合には、どう頑張っても残念ながら応募できないので注意が必要である。ともかく、オーストラリアの場合、おおよそこのマネージャーとしての経験が指定される場合が多いので、若い人は特に条件を満たしているかにも気をつけて欲しい。   ポイント5:取得期間がアメリカMBAより短い場合が多い! オーストラリアMBAとアメリカMBAの最大の違いでもあるのが、実は取得期間である。アメリカでは有名どころではまず決まって2年と考えて良い。一方、オーストラリアMBAの場合は、1年から2年までと様々で、Melbourne Business…

3.4 MBA流、留学エージェントの活用法(前半)- エージェントを活用すべき理由

3.4 MBA流、留学エージェントの活用法(前半)- エージェントを活用すべき理由 1つ前の項目でも説明した通り、アメリカMBAとの違いの一つは、「アメリカMBAが原則的に個人で各大学に選考手続きを進める」のに対して、「オーストラリアMBAの場合それも可能であるが、エージェント(代理会社)を通して応募することが一般的」という点である。少なくても私の知り合いの過半数以上はエージェントを使っている。アメリカMBAの場合には、大学のサイトで自分の出願用のアカウントを作り、そこにレジュメやエッセイ、成績証明書などをアップロードしていくという感じで手続きを行っていくが、オーストラリアでは全ての提出書類は、一旦エージェントに送り、そこでのチェックが行われその後エージェントが大学に送る。 留学エージェントが活用すべき(されている)理由は主に3つ 先ほども述べた通り、オーストラリアでもエージェントを使わず個人でももちろん申し込みは可能である。ただし私が知る限りの日本人は基本留学エージェントを使っている。ではなぜエージェントを経由することになるのか、についてその理由を大きく3つ説明する。 1つ目は、MBAに関しては留学エージェントを経由して申し込みをしたからといって、受験生が支払う入学金や授業料が増額にはならないことである。<再度本当か確認します!>つまり自らが申し込んでも、エージェントを経由しても金額は同じである(一部有料のサービスなどを使った場合を除く)。一方で、留学エージェントを経由すれば、様々なサービス、例えばビザ取得支援、大学の紹介、大学への出願書類の提出手続き、語学学校の手配などなどが付属で(無料で)利用できる。そのため、エージェントを経由した方がそのサービスを授与できる分お得だからである。 2つ目は、エージェントは毎年多くの生徒を送り出しているため、大学側の担当者との間で情報伝達のパイプがすでに築かれていることである。エージェントに選考書類を提出し、エージェントから大学側に選考書類を提出してもらった方が、手続きが途中で滞ったり、選考に時間がかかる問題が起きにくい。また、エージェントによっては、今まで何通も選考書類を提出した経験から、選考書類の内容をみて(大学側の最新事情を知っていることもあり)訂正すべき内容を提案してくれたり、相談に乗ってくれる場合もある。書類内容の確度が高まれば選考を通過できる可能性、つまり合格できる可能性は高まる。つまり、エージェントを通すことで、選考書類のレベルを高めることができる。(また、先ほど述べた通りこれらのサービスは基本的に無料で提供されている。)以上より、「使わない手はない」というのが正直なところだ。 3つ目は、少々特殊になるが英語力に関わることである。前回述べた通り、オーストラリアの大学は大学側が提示している点数は必達点であり、それ以下であれば絶対に入学できない点がアメリカとは異なる。そのため、英語力が不足していると選考プロセス自体に入れない。英語力が(少々)不足がの場合の手段として、事前に英語力を高めるため語学学校や大学付属の語学学校に通い、語学学校→大学入学に入学という選択肢(パスウェイ)がある。その場合、どこの語学学校なら自分が志望する大学のパスウェイを保有しているのか、あるいは大学入学から逆算して語学学校にいつ入学すべきか、など検討項目が一気に膨らむ。そうなると、受験生個人で語学学校の選定から、入学手続きまで行わなければいけなくなる。留学エージェントの多くは、大学や大学院の紹介業務だけではなく、語学学校の紹介サービスも同時に提供しているところが多いため、両方の入学プロセスを熟知しているエージェントに任せた方が極めて楽なのである。   留学エージェントを使う際の注意点 留学エージェントを使うとメリットだけを書くと、なんか私がエージェントの味方(一員)とか思われるかもしれないので、(もちろん全く違うのだが)一応、考えられるデメリットも挙げておきたい。 例えば、エージェントで働く担当者は、前述した通り特定の大学に精通している場合がある。その場合、どうしても自分の担当した受験生を、自分のよく知っている大学に入学させたいという気持ちが働く「可能性」がある。仮にそうでなくても、よく知っている大学とそうでない大学では、よく知っている大学のことを多く話してしまい、結果的に、受験生が特定の大学に誘導されてしまう「可能性」がある。 ただし、これらのデメリットに合わない対策は簡単で、エージェントに自分の行きたいMBAコースを事前に伝えることである。MBAの場合、特に私のサイトを見て頂いた方ならかなりの程度大学を絞り込めていると思うので、まず問題ない。理想的には留学エージェントに問い合わせる時点で、志望校、万が一のための滑り止め校、その中間くらいの3校くらいまで絞り込んでおき、それをエージェントの担当者に伝えることお勧めしたい。