1.2.2 TOEFL/IELTS - IELTSに決めつける必要なし。

(2) TOEFL/IELTS - IELTSに決めつける必要なし。  英語力については、MBAを海外で勉強するわけだから、大学ごとに最低限必要な点数が要求される。英語力を評価する試験で世界的に有名なのものに、TOEFL(念のため確認だが、TOEICではない)、IELTS、ケンブリッジ検定という3種類があるが、MBAについては言えば、TOEFLとIELTSだけと考えて問題ない。そして基本的には、TOEFLはアメリカ大学向け、IELTSはイギリスやオーストラリア大学向けである。私のようにアメリカの大学を目指しTOEFLの勉強しかしていない人が、途中からIELTSに切り替えるのはかなり難しいので、あらかじめその事実は知っておいて欲しい。ということで、まとめるとオーストラリアの大学を受ける場合は、IELTSの勉強が必要である。ちなみに、オーストラリアMBAの場合、多くはIELTS6.5から7.0点以上が求められる。さて、アメリカの大学との最大の違いなのだが、オーストラリアではこの6.5点や7.0点というのが「必達点」であるという点である。例えば、アメリカMBAの場合、TOEFL最低90点と記載があっても、90点未満でも出願はできるし、(勿論あまりにも低ければ合格できないが)他の要素(例えば、すごい高いGPAなど)で挽回できる余地もある。少なくても選考過程に進むことはできる。しかし、オーストラリアでは最低点数は(本当に)必達点であるので、例えば6.0点では合格できないし、選考には進めない(ただし、条件付き合格という制度はある。詳細はこちら)。絶対に必要な点数=必達点しか書かれていない点が最大の違いであり要注意である(ちなみにGMAT等も同じ)。とは言っても、アメリカの有名大学のようにTOEFL110点以上などに比べれば、IELTS6.5以上というのはTOEFLでいうと90点程度なので(ただし、大学によっても異なるので要注意)、最初から基準は低めとも考えられる。なお、ご存知の方も多いと思うが、TOEFLとIELTSの違いを下記に簡単にまとめるておく。 [IELTSとTOEFLの概要] IELTS 所要時間:全部で約2時間45分形式:筆記式のペーパーテストスピーキング:面接官との1対1のインタビュー形式 TOEFL 所要時間:約4時間~4時間30分形式:インターネットテスト(1人1台のパソコンで回答)スピーキング:コンピュータに向かって回答し、録音される  さて先ほど、オーストラリアMBAではIELTS!と述べた矢先ではあるが、今では(2017年時点)、オーストラリアの大学のほとんどでTOEFLも認められており、同様にアメリカの大学でもIELTSが認められている。つまり、どっちのテストでもいい。そこで考えたいことが2点ある。 1つ目は、どちらのテストの方が短期間で必要な得点を獲得できるかということである。最初からアメリカならTOEFL、オーストラリアならIELTSと決めつけず、どちらが自分にとって点数が取れそうか比較してから勉強をはじめるべきということである。なぜなら、どちらも一度始めると1年、場合によっては2年位の長期の勉強時間が必要になる試験であるため、最初の選択を早急にすべきではないと思う。ただ、どちらの方が点数を獲得しやすいかは、個人によって異なるため、どちらか一方をお勧めすることは難しく、あくまでも「両方とも一度は受験してみて決めるべき」としか言えない。ちなみに私の場合は、リスニングとリーディングはIELTSの方が簡単と感じ、スピーキングは、対面での会話に慣れていなかったためTOEFLの方が簡単だと感じた。 2つ目は、TOEFLの必達点にばらつきがある点に注意が必要である。先ほども述べた通り、オーストラリアMBAの基準点は、IELTS6.5か7.0点以上であるが、TOEFLの基準点は、大学によってばらつく。以下、主なオーストラリアMBAのIELTSとTOEFL基準点をまとめたものである(2017年時点)。例えば、IELTS6.5点の大学でも、TOEFLの点数は79点から90点まで開きがあることが分かると思う。おそらくこれは、各大学でIELTSと同等と考えるTOEFL点数が異なるためと推察される。ポイントは、TOEFLを一度でも受験した人なら分かると思うが、数点違うだけで難易度は極めて大きく違う。よって、TOEFLを受験する人は、まず取得すべき目標にばらつきに注意してほしい。また点数に苦労している人は、比較的TOEFLを低めに設定している大学も注目である。(なお、結構頻繁に情報が変わるので、下表に記載の情報を活用する際は、ご自身でもご確認頂きたい) IELTS基準点:7.0点以上 TOEFL 必要点 Melbourne Business School 102点以上 University of Western Australia(UWA) 100点以上 AGSM at UNSW Business School 94点以上 IELTS基準点:6.5点以上 TOEFL 必要点 Maquarie…

目次 今こそ米ではなく豪州を勧める理由

目次 オーストラリアMBA留学生のための現地発信ブログ 1. アメリカではなく、オーストラリアMBA留学が超おすすめな理由 1.1 オーストラリアMBAの「効果」を評価する方法1.1.1 MBAランキングの基本  - 世界のMBAランキングとその中身とは?1.1.2 MBAランキングの活用法 - 順位ではなく、動向に注目する!1.1.3 MBAの国際認定をチェックする -EQUIS、AACSB、AMBAとは? 1.2 オーストラリアMBAの「費用」を評価する方法1.2.1 GMAT/GRE - GMATなしの比較では圧倒的!1.2.2 TOEFL/IELTS - IELTSに決めつける必要なし。1.2.3 立地、住宅価格と物価 – 高騰は大問題! 1.3 オーストラリアMBA受験前に押さえておきたい最重要ポイント1.3.1 受験前に注意すべき3点 - IELTSなどの点数は必達点!1.3.2 MBA流、留学エージェントの活用方(前半)- エージェントを活用すべき理由1.3.3 MBA流、留学エージェントの活用方(後半)- 良いエージェントの見抜き方1.3.4 MBA流、語学学校(パスウェイ)の活用方 – 提携校を探す 1.4 MBA入学後の実情  目下製作中!1.4.1 不動産屋と家探し!1.4.2 アメリカとの違いはあるのか?1.4.3 日本で事前に勉強しておいた方がいいことはあるか? ————————————————————————————- 2. ワーホリ、学生ビザの学生のオーストラリア、サバイバル方法徹底解説 2.1 留学エージェントの活用と語学学校選び2.1.1 留学エージェントはなぜ無料でサービスを提供できるのか?2.1.2 語学学校の選び方(一般英語、IELTS、ケンブリッジ英語)2.1.3 日本レストランではなく、ローカル仕事の探し方! – 語学学校と両立しよう! ————————————————————————————- 3….